読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百三十五年丸ノ内線

昔の思い出から今の話までいろいろ(1日に何回も更新するよ!)。実体験を元にしたコスメ話や脱毛・育毛話など。ニッポンゴムツカシイ

映画の感想(邦画)

※ 過去の映画の感想はカテゴリ「映画の感想」よりご覧ください

 

↓今更すぎる★の個数レベル↓

★…ふつう

★★…わりとすき

★★★…すき

★★★★…だいすき

★★★★★…何回も見るレベル

 

ラヂオの時間(1997/三谷 幸喜)

すべては制作の牛島と千本のっこという女優が悪い映画。

好き度:★★★

 

百日紅 〜Miss HOKUSAI〜(2015/原 恵一)

アニメ映画。葛飾北斎の娘のおえいを主人公にある夏の日から冬までの出来事を書く。一日一日を積み重ねていく感じ。期待してなかったけどとても良かった。

杉浦日向子さんの原作と知って、とても期待していた。期待通り。

好き度:★★★★★

 

キトキト!(2007/吉田 康弘)

富山県のある母子家庭の話。富山県の、とか書いてるけど、娘と息子はとっとと上京して水商売してたりする。母親もタクシードライバーをやめてスナック始める。そんで死ぬ。

なんだかよくわかんなかった。つまんなくなはい。

好き度:★★

 

みんなのいえ(2001/三谷 幸喜)

誰が悪いって施主の希望を無視しまくる父親が一番悪いと思うし、建築の知識がないのに安請け合いするデザイナーも悪いと思うし、イヤなことは夫に押し付ける妻も悪いし、自分の意見がほぼ無い夫も悪い、みんなほんのちょっとずつ色々悪いなかで、ぶっちぎりで良くないのが夫の母親だと思った。

好き度:★★★

 

さいはてにて やさしい香りと待ちながら(2015/チアン・ショウチョン)

佐々木希が可愛かった。行方不明の父を父の唯一の資産の船小屋を改装したコーヒー店ので待つ娘の話。

それにしても急に店を閉めたりして、従業員に迷惑かかんないのかな…そこが心配。

好き度:★★

 

 駆込み女と駆け出し男(2015/原田 眞人)

 江戸時代の駆け込み寺(女性がそこに駆け込んで修行みたいなのをすると夫から離縁状がもらえる寺)の話。

愛のむきだし満島ひかりのイメージしかなかったから、お歯黒の満島ひかりにゾクゾクした。やたらテンポがいいのでもう5回も見た。見過ぎだと思う。大泉洋がとても良い。大泉洋すごい。

好き度:★★★★

 

グラスホッパー(2015/瀧本 智行)

伊坂幸太郎の同名小説の映画化。

なんだろう、面白いのかねこれは。とてもご都合主義っぽく感じる。渋谷が舞台の、殺し屋と裏社会のドンみたいなものの抗争。行き当たりばったりなかんじの作戦に巻き込まれた主人公鈴木。

耳鳴りが止まらない殺し屋の蝉が、最後のほうで耳を切り落として「こうすればよかった」みたいなことを言うけど、耳を切り落としても耳鳴りはやまないよ。やるなら鼓膜を突き破らなきゃ…。

あんまりにもちょっと「ん?」てなったから「グラスホッパー 原作 オチ」で検索かけて「なるほど!」ってなった。

好き度:?

 

at home(2014/蝶野 博)

あんまり期待してなかったけど面白かった。ファントム・フィルムの映画ってどうにも間延びした感じとか尺足らずな感じがして苦手だったのだけど、この映画は主演が竹野内豊松雪泰子だし、監督も頑張ったのかな?

ただの仲の良い家族の話かと思ったら、お父さんは空き巣だし、家族もそれを知ってるし、長女の高校進学費用を稼ぐためにお兄ちゃんは偽造パスポート作りとかに精を出すし、なんだこの家族は?!(ただしとても仲がいい)と思ってたら、思わぬエピソードがそれぞれにあって、最後は「この人達、長女以外犯罪者だけど幸せになってほしい」と思った。

いや、長女以外は犯罪者なんだけどね…。

好き度:★★★

 

【舞台】下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム(2009/TEAM NACKS)

映画の感想じゃなくなっちゃうけど、感想。池袋サンシャイン劇場公演の録画を見た。

なんか、すごいおもしろいんだけど!この舞台!

TEAM NACKSの舞台は観劇したことはなくて、いつも放送されてるのをちら見してる程度しかないのだけど、客演なしでNACKSの5人しか出てこないのに登場人物が10人くらい出てくる。洋ちゃん以外は全員女装するのに、洋ちゃんの女装姿がなくて残念。リーダー(森崎博之)ですら女装するのに。そして自画自賛で「美人だったろう!」って言うのに。

田舎のギター教室が実家の5兄弟の話で、なんだかドタバタしてるんだけどつい見ちゃう。笑えるし、泣けはしないけどちょっとグっとくるところもある。

それにしてもヤスケンさん(onちゃん安田顕)は相変わらず暑苦しい演技だ。

好き度:∞

 

【舞台】死刑執行中脱獄進行中(2015/原作:荒木飛呂彦)

暗黒武術。

森山未來の暗黒武術です。怖い。

セットも怖いし出て来るパフォーマーも怖いし音楽(生バンド)も怖いし森山未來も怖いしストーリーも意味が分かんなくて怖いし(途中からどういうことなのかだんだんわかるけど)、全面的に怖い。恐怖。ヒイイィ!ってなった。

好き度:★

 

累計感想投稿数

洋画 201本

邦画 145本

アニメ映画 60本

広告を非表示にする