読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百三十五年丸ノ内線

昔の思い出から今の話までいろいろ(1日に何回も更新するよ!)。実体験を元にしたコスメ話や脱毛・育毛話など。ニッポンゴムツカシイ

スフレチーズケーキのレシピ(ティファールでつくろう!)

たべもの レシピ

こんにちは。

Twitterで「ティファールはオーブンに突っ込める」と言ったら驚かれました。

意外と知らない人が居るのですね~。

取っ手の取れるティファールはオーブンに突っ込んで大丈夫ですじょ。

 

取っ手のとれるティファール(フライパン・お鍋) | 使いこなし徹底ナビ | ワザあり料理術 | 調理器具 | CLUB T-fal

 

私がオーブンに突っ込もうと思ったきっかけはニコニコ動画のMAHO-TUKAIさんの動画を見たこと。

今動画を貼ろうと思って調べたら、退会されてたのですね…料理動画が全部消えてました(´・ω・`)

MAHO-TUKAIさんのお料理動画からは凄く学ぶことが多くて、手際の良さや見やすい動画がとても好きでした。

 

さて、ついでにTwitterで私がティファールでよく作るスフレチーズケーキのレシピを書きました。

元はクックパッドのレシピだったはず…と思って調べましたが、見つかりませんでした。ぐぬぬ

 

私の汚い手書きレシピはこちら↓

f:id:granatapfel-135:20140714120602j:plain

 

汚すぎるので清書しますね。

使う型は取っ手の取れるティファールのミルクパン(12cm分量)か18cm片手鍋です。

蒸し焼きするので、中華パン(26cmか28cm)もあると便利です。

 

材料(12cmの場合)

・プロセスチーズ(とろけないスライスチーズ) 30g→1枚と半分

・バター 25g

・砂糖 25g

・牛乳 65cc

・たまご 1個

・薄力粉 25g

・レモン汁 小さじ1

・マーマレードジャム 大さじ1とお湯大さじ1を混ぜたもの(仕上げ用)

 

調理に入る前の準備

たまご1個は卵白と卵黄に分けておく。卵黄は小鉢か何かに、卵白はメレンゲを作るのでボウルに入れると便利。卵白は冷凍庫か冷蔵庫に入れて冷やしておく(ラップ不要、すぐ使うので)

 

オーブンは180度以上で予熱しておく。焼く温度より高めに設定しておくのは、扉の開閉で温度が下がることを想定しているため。焼くときは温度を下げる。

 

溶かしバターを用意しておく。中華パンでお湯を沸かす際に小鉢などに入れて溶かしても可。もともとチーズと牛乳なので入れても入れなくても大差なし。

 

作り方

ティファールに牛乳とチーズを入れて火にかける。少量なので必ず弱火で。シリコンヘラや木べらで底から返すように混ぜる。チーズが溶けたら火からおろしておく。

だいたい人肌より少し熱めの温度で溶けきるので、すぐに火から離す。バターを入れる(レンジで溶かしたほうが溶けるのが早いが、常温に戻しておいた状態であれば鍋にいれると自然に溶けるのでわざわざ溶かしバターを用意しなくとも良い)

 

中華パンにお湯を沸かす。蒸し焼きにするので、型のティファールが半分浸かる程度の高さのお湯を沸かす。プツプツと細かい泡が出てきたら、火を止める(70度~80度程度)

 

卵黄に砂糖の半量とレモン汁を加え、よく混ぜ、①に加えて混ぜる。ふるった小麦粉を入れ、滑らかになるまで混ぜる(練らないように注意)

 

卵白でメレンゲを作る。ピンとしっかり角が立つまでしっかりしたメレンゲを目指す。目安はボウルを逆さにしても落ちてこない程度。

ハンドミキサーを使う場合のコツは、最初は高速で1分ほど、泡が細かくなってきたら残りの砂糖を入れ高速で2分~3分、ツノが立ったら低速で1分、スイッチを切ってぐるぐると大きくかき混ぜて大きい泡を潰す。

夏場は白身を冷凍庫で半分凍らせる(シャーベット状)と泡立ちが良い。冷凍卵白は保存が出来るので、プリンを作った時のあまりなど冷凍しておくと便利(エンゼルケーキを作る際などに重宝)

手動の場合はシャーベット状の卵白を使うこと。金属製のボウルにタオルを巻き、体温が伝わらないようにしてからボウルを抱え、利き手で泡だて器を叩きつけるようにすると早くメレンゲが出来る。大きい泡がなくなってきたら砂糖を加え、肘ごと回す感覚で泡だて器を叩きつけると早くメレンゲが立つ(このレシピはとくに卵白が少量なので、手動でも良い)。

 

メレンゲの1/4をティファールの中へ入れる。このメレンゲは、後から入れるメレンゲを迎え入れるための準備なので、泡を潰してしまっても構わない。泡だて器でグルグルとかき混ぜること。メレンゲの白い塊が無くなったら残りのメレンゲを加える。こちらのメレンゲは泡を潰さないように切るように混ぜる。

コツは真ん中にゴムベラを垂直に立て、鍋肌に向かって滑らせ、底から返すように。ボウルとヘラの両方をリズミカルに回すと泡を潰さずに早く混ぜることが出来る。

白い塊が残ってしまう場合は、泡だて器を垂直に持ち、生地に差し入れすることで泡を潰さず塊を無くすことが出来る。

 

中華パンの中にそっと型を入れて、オーブンへ。温度を170度に下げて15分蒸し焼きにし、その後140度で30~35分蒸し焼きにする。

 

焼きあがったら真ん中に竹串を刺し、生地がついてこないことを確認する。表面がきつね色になっていれば焼き上がり。表面にマーマレードジャムを塗るとシワ防止になるが、取り出しづらいので自家消費の場合は塗らなくても良い。

粗熱が取れたら型から外す(ティファールなので鍋肌をグルっと竹串で一周させればスポッと取れるはず)

 

冷蔵庫で冷やして召し上がれ~♪

 

アレンジ

上の材料の①で板チョコ40gを加えるとチョコレートスフレチーズケーキになる。

チーズ1枚に対し、チョコレートを14~20gの間で加えること。

 

分量アレンジ

ティファールの16cm~18cmの型で作る場合は以下の分量に変更すること。

12cmの分量で作るとぺちゃんこのチーズケーキになる。16cmでは溢れんばかり、18cmでジャストサイズ。

・たまご 3ヶ

・プロセスチーズ 3枚

・牛乳 160cc

・砂糖 65g(手書きレシピの80gで作ると甘いので子ども向き)

・バター 30g(手書きレシピの60gで作ると口当たりが重たい)

・薄力粉 50g

 

 

慣れると20分くらいで計量~オーブンまでが出来るようになる時短レシピです。

口の中でシュワシュワとけるスフレチーズケーキ、ぜひ作ってみてください★