読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百三十五年丸ノ内線

昔の思い出から今の話までいろいろ(1日に何回も更新するよ!)。実体験を元にしたコスメ話や脱毛・育毛話など。ニッポンゴムツカシイ

私がスロットを辞められた理由

こんにちは!

昔は週末になるとスロットを打ちに行って、最近また小銭を持って駅前のスロット屋に行っているマミ子です!

ダメじゃん、辞められてないじゃん!!!

 

あ、でも使う金額が万単位→千円(千円で出なかったら出そうでもおしまい!)になったので辞められたってことでいいと思います!たぶん!あと、ここ2年くらい全然行ってないから辞められたってことでひとつ!

 

:::

 

私がスロットにハマって居た頃は、仕事中もスロットのことを考えていて、携帯にアプリを入れたりプレステのゲームを買ったり、毎週末スロット屋さんに行って給料日前はピーピーしている、という状態でした。

食うに困って、ということは思い返すとあんまり無いので、そんなにヘヴィにハマっていたわけではないのですが、20代独身女性の趣味としては決して褒められたものではないと思います。

 

さて、ヘヴィなスロッターではなかった私がどうやってスロットから足を半分くらい洗ったか、書いてみます。

 

 

データっていうのが読めなかった

スロットとか、パチンコはやったことがないのでわからないんですけど、本体の上にグラフみたいなのが表示されてるのが設置されてます。

今、何ゲーム目で、前回の当たりから何回まわしてて、過去3日間はこんだけビッグ引いたよー、とかそういうやつ。

マミ子の友達にスロプロが居るんですけど、そういう人らはそれ見て「設定(=その台がどれだけ大当たりしやすいかをお店が決めている。6段階で1がシブチン、6がゲキアツ台)」が分かったり、何回かまわしたら「あ、これは4だな」とか「6だな、今日は1日これでやろう」とか分かるらしいんです。

でもマミ子はよくわからなかった

あと、覚える気もなかったので、ほとんどあれを弄ったことはありません。

今何ゲーム目かなーっていうのは見てましたけど。

あと、間違えたボタンを押したら店員さんが来るので気まずいです。

 

 

色々覚えるのが面倒だった

前述のデータの読み方、とか、このチェリーがここに来たらアツい、とか赤い7にくっついてるチェリーとか、やたら覚えることがたくさんありました。この順番に押せ!とか。

面倒です。

スロットに通ってる人って、一見頭悪そうなDQNと呼ばれる人が多いと思うんですが(超偏見)、みんなこんなの覚えてるのかよ、めっちゃ頭いいじゃん!って思っています。

 

 

店内で浮いてた

マミ子は主に「デビル・メイ・クライ3」っていう超シブチン台が大好きで、DMCが空いてたらだいたい打ってました。何が好きってダンテ(DMCの主人公)が好きでねぇ…。あとその時外資系企業に派遣されてたんで、英語でクレイジーな文句を覚えるのが好きでした(I'm getting crazy now!とか)。

この台、ほんっとに当たらなくてねぇ………あとリールも見にくいです。

エヴァ打った時、リールの見やすさに感動しました。

で、DMCが5円からも20円からも撤去されたあとエヴァを打ってたんですが、エヴァってビッグ(大当たり)引いたら主題歌が流れるんですけどね、マミ子は、エヴァを放送してた当時に14歳というドップリエヴァ世代ですから、歌いますよね。

歌うと目立ちますよね。

しかも、ふつう、歌が全部流れるくらいゆっくり打つ人とか演出見る人って稀なんですよ。

だから店内で浮いてました。

 

 

デビルメイクライ3が撤去された

好きすぎて、台を買おうと思ってました。2万くらいで買えるんですよね。

1回負けた分くらいで一生遊べるならいいじゃないか、って。

でもスロット台を中古で打ってるお店で試打したら、あまりのうるささに「うちの安普請に置いたら迷惑すぎるな…」と思ってやめました。

スロット屋さんの店内では気にならないですけど、リールが回転する音も、メダルがジャラーって出てくる音もものすごいうるさいんです。

しかもDMCはいちいち全ての音楽や効果音が爆音ですから、消音装置とかヘッドフォン接続機器とかつけたら10万位いっちゃったんです。

で、「じゃあがまんしてお店で打つか…」ってなってしばらくしたらDMC自体がお店からなくなっちゃいました。

 

 

等価交換の最初の1000円でビッグ引いて怖くなった

パチンコはわからないのですが、スロットは通常の当たり(レギュラー・バケ)と大当たり(ビッグ)がありまして、ビッグのほうがそりゃあ出ます。

マミ子がスロットを始めたきっかけは、当時同棲してた相手(無職)の影響なんですが、そいつがまぁ弱い弱い…それですぐ負けるんですね。

で、普通のスロットって20円なんですけど、女子供向け(?)に5スロっていうのがあって、こっちを主に打ってました。

5スロは5円で1枚メダルを借りて、3.なんぼ円で戻ってくるっていう、平たく言うとメダル借りた時点で負けてるっていうしょぼちんの設定なんですけど、でも等価交換の台でバンバン1万円突っ込んでってる同棲相手見てたら「うわぁ…」ってドン引きしました。

で、そいつがバイオハザードの台かなんかで「絶対クるから!今アツい演出が!」とかなんとかつって離れようとしなくて、マミ子は5スロで1000円分終わっちゃってヒマだったんで、DMCの等価交換台を打ったんです。その時は5スロにはもうDMCがなくて、等価交換のバラエティコーナー(他はエウレカが島ひとつ、とかエヴァが島ひとつ、とかなんですけど、人気がない台は1台か2台ずつそういう端っこに固められてた)で1000円だけ入れたら、5回くらいでビッグ引いてジャラーってメダルが出てきて6000円くらいになったんです。

ビッグ引いた時、射幸心がすごかったんですね、脳内麻薬がめちゃくちゃでてるのが分かって。

でも「これ、ハマったら身を滅ぼす…」と思って、今思えばあの台、結構設定良かったと思うんですけど、ビッグ終わった瞬間、台に残ってたのを吐き出してやめました。

 

マミ子の銘柄のタバコが無かった

だいたいスロットもパチンコもみんな換金すると思うんです。

お店によって違いますけど、小さい金が箱に入ったやつを貰えて、それをパチ屋の近くにある黄色い小屋に持っていくと現金と変えてくれるんです。

でも、メダルもパチンコ玉も余るじゃないですか、200個とか800個とか。その余ったやつをカウンターのとこにあるお菓子とかフィギュアとかライターとかに交換することが出来ます。

で、タバコに変えるのが一番交換率が良かったんですけど、マミ子がもう10年以上愛飲している銘柄がどこに行っても無くなってたんですね。

なので全部じゃがりこに変えてました。

後半のほうは、2000枚とかあっても、全部じゃがりことライターに交換してました。帰り道は「どんだけじゃがりこ好きなの?」くらいじゃがりこではちきれんばかりの袋を持ってました。一時期、マミ子の家にじゃがりこが常にある状態でした。あ、じゃがりこは今も好きです!

 

 

黄色い小屋が休憩時間

マミ子がスロットを辞める時間が、昼から初めてだいたい17時なんですけど(で、高円寺近隣にお住まいの方はご存知だと思うのですが、18時から高野青果でお安い野菜を買って夕飯を作る)、その時間って黄色い小屋のおばちゃんが休憩取ってるんですよね…。

で、換金出来なくてイライラするってことが多かったです。

 

おかしのまちおかのほうが安い

気がついてしまったんです、同じ金額でじゃがりこ買ったほうが安いじゃん…って。

黄色い小屋の近くにまちおかがあったんですが、そっちで見たら「じゃがりこやっす!!!」ってなりました。

 

 

ガイアが潰れた

マミ子が良く行ってたのは近所なので、高円寺のガイアっていうお店なんですけど、潰れてしまいました。

何一つ、マミ子には囁いてくれませんでした。

で、近隣のパチ屋で5スロを置いているところが無かったので、辞められました。

しばらくは5スロ難民していたのですが、ガイアほどいい意味でも悪い意味でも居心地がいい店がなかったんです。

 

 

エヴァに飽きた=勝てなかった

DMC亡き後、エヴァばっかり打ってたんですけど、飽きました。ぶっちゃけ飽きました。

アスカがいくらマグマダイバーしてもどうせ当たらないし、って。カヲルくんが出てきてやっと「おっ?」てなっても当たらないしー、みたいな。

エヴァって初心者用の台だと思うんですけど、他の台ほとんど打ったことないです。極稀に2027とかやってたかな…。

 

 

同棲相手にイライラした

毎週毎週スロットに行ってたんですけど、昼から稀に閉店まで、とか。

朝並ぶってことは私はしませんでした。並ばなくてもガイアは空いてましたしね(だから潰れたんだ)。

で、同棲相手は私が激務で疲れきって、休みの日に昼過ぎまで寝てると、ガイアじゃないスロ屋に行って朝から大負けして帰ってきたりしてて、で、八つ当たりされてたので、「いつか○す」とか思ってました。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いってやつで、スロットは好きでも同棲相手が嫌いで、つまりスロットも嫌いになりました。

 

ある日我に返った

「今までスロットで負けたお金、合算したらたぶんアレが買えたなぁ…」とか計算してしまったことがあって、あと、スロプロの友達が月収100万超えてたのを見たら「その100万円分、ウチらみたいなのが負けてるってことだよなぁ」とか色々考えて辞めました。

身近にスロプロが居てよかったな~って思いました、あのときは。

 

 

そんな感じです。

んだば!